城南少年剣道会ホームページ

2016年10月30日日曜日

小学生日本剣道形コンテスト


10月30日(日)に開催された「小学生日本剣道形コンテスト2016in福岡」
友達剣士を応援してきました。

  なんで応援なのか
   ・・・単純に我が子たちが『日本剣道形』を練習したことないから出場できませんでした。

  小学生は1~3級を受けれますが、その時必要なのが『木刀による剣道基本技稽古法』
   (昇級審査にむけて練習中です)
  それに対し中学生から受けれる初段~は『日本剣道形』なのです。

どんな大会かな?って興味があるし、
出場している他チームの子供を応援するためにアクシオンへ行ってきました。

緊迫したなかで剣道形をつづける子供たち
  ・・・1組、終わると『♪♪~(ヒゲダンスのテーマ)♪♪』 
    工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工
(緊張感が高まらない対策でしょうか?わざわざCDで流されてました)




女子5・6年生で金賞(優勝)したUさんおめでとう!
トロフィーが超リッパカッコイイ!

試合が終わって、他の女子選手と楽しそうに話すUさんを見ては寂しそうでした。
 パパ一般人 「Uさんたち楽しそうだね。あの輪の中に入りたい?」
 娘 「・・・うん・・・でも難しそう・・・」(´・д・`)ショボーン
 ママ剣士 「練習しなさい」ヽ(`Д´#)ノ怒!!

試合で「打ち方がキレイ」と思っていた子供は剣道形が上手です。
武道って「形」が大切だと思いました。

来年にむかって練習開始!(の予定)

2016年10月23日日曜日

ママさん剣士ガンバる

10月23日(日)に開催された「福岡連合地区剣道連盟対抗剣道大会」
城南区の先生方が参戦されました。
青年の部と壮年の部がある7人制の団体戦。
 ※先鋒、次鋒、五将、中堅(四将)、三将、副将、大将となります
先鋒が女性限定なので、青年の部に城南少剣のママさん剣士が出場です。

日頃、子供たちと鍛えた遺憾なく披露・・・
とはいかず引き分け2本負け

 m(_ _)mスイマセン

ママさん剣士のコメント
 「練習では注意できてるクセが、試合だと出てしまいました」
 「試合のおかげで反省点がよく分かりました」

日頃、先生方から指導されていることばかりでした。



応援に来てくれた子供たちは城南の副将S先生の二刀流に夢中でした。















 「ハァ!二刀流!」
早速、こんなイメージで2本振り回しているのでしょうが『タコ踊り』
 「重くて振れない」
そりゃそうさ、S先生は自在に振れるよう超鍛えてあるんだよ!
 (自分は何もやってないのに上から目線で m(_ _)mスイマセン 

親子共々、貴重な体験の日でした。

2016年10月16日日曜日

城南区剣道大会

10月16日(日)に開催された「城南区剣道大会」に参戦しました。

福岡市城南区の剣士が、大人から子供まで集まる大会。
 (大会を運営された、各先生方・他チームの保護者の方に感謝です)
小学生の団体戦は1チーム、個人戦は全員が参加しました。


開会式で団体戦の優勝カップを返還
 「また持って帰るぞ!」
と気合い十分だったのですが対戦表を見るなり
 「もう負けだぁ・・・」
 「優勝できん・・・」
と超弱気、第1試合でチームToと対戦です。
合同稽古で相手を知ってるだけに戦う前から
 負けムード ・・・気持ちは剣にも伝わります

結果は0勝5敗と惨敗でした。

団体戦が終わると個人戦。
個人戦は1・2年、3・4年、5・6年の3クラスで
それぞれ奮戦しました。

3・4年の部は
 M君 優勝!
  *・゜゚*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*゜゚・*
 Tさん 3位!!!
  *・゜゚*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*゜゚・*

「来年は優勝カップを取り戻すぞ!」
と先生からハッパをかけられ
 「稽古をガンバルぞ!」 
と誓う少年剣士たちでした。

2016年10月10日月曜日

護国神社秋季奉納少年剣道大会

10月10日(月)に開催された「護国神社秋季奉納少年剣道大会」に参戦しました。

春と秋に開催される屋外試合、
雨が降ると中止なのですが今日は晴天!
(春は雨天中止でした)

朝、ちょっと早く場所とりを済ませ、
「市民総合スポーツ大会 開会式」に向かう前に
  参拝 必勝祈願しました。
(これが後で御利益ありました)

試合は第3試合場の第1試合ですが、
相手チームも市民総合スポーツ大会開式からなので
第3試合に変更してもらいました。


芝生の上での試合、
滑ってしまうで注意 ・・・中堅U君は「ドォー」
   ミ(ノ;_ _)ノ =3コケッ! 






第1回戦は3勝2敗で突破!(御利益あり!!)
 *・゜゚*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*゜゚・* しかし・・・
続く2回戦は4敗1分で敗退
 
以前だったら
 「負けてもしかたない・・・」
と言ってた子供たちですが、
今回は強豪チームと試合できた喜びにあふれてました。
 (そういう意味では2回戦も御利益あったかも?)

ちょっぴり逞しくなった少年剣士たちでした。

市民総合スポーツ大会 開会式











10月10日、平和台陸上競技場で
「市民総合スポーツ大会 開会式」が開催されました。

福岡市剣道連盟として子供たちが参加です。
(パレードって聞いてたけど、普通に開会式の入場行進です)

各種スポーツ団体が入場、数の多さに圧倒されます。
(子供たちの友人も他のスポーツで参加していました)

市長あいさつの「好評のHKTと大なわとびがあります」を聞いて子供たちが、
 「胴を付けたまま飛ぶの?」
 「やっぱり、防具は付けたままだろ?」
 「何回、飛べるかな?」
 「護国の試合に間に合わない」
とザワつきます。
   ・・・事前抽選で選ばれた団体だけでした。
        (来年は申し込んでおこうかな?)

式が終わると、試合会場である護国神社へと足早に向かう子供たちでした。

2016年10月8日土曜日

桜とトンボ

「剣道グッズの柄にトンボが多いのはなぜ?」と質問がありました。
・・・ということで今回は、その諸説を調べました。

武士たちが好んだ柄の名残っていうのが主な理由みたいです。
 桜 
   みなさんご存じの花です。
   強い春風に耐えるのに、その時がくれば一気に散る潔さ。
 
   一休さんの言葉に
    花は桜木 人は武士 柱は檜 魚は鯛 小袖はもみじ 花はみよし」
   とあり、一番なものを集めた言葉だそうです。



蜻蛉(トンボ)
  決して下がらず前に飛ぶ。
  獲物をつかんで飛ぶ勇壮な姿。
  別名:勝虫(かちむし、かっちゅう)と呼ばれる。

武将の鎧にもトンボの前立てがあります。
(利家とまつで、前田利家が身に付けてました)








「下がるな、前に出ろ」
「一気に打て」
先生の教えと親の期待がつまった柄かも・・・


最近は見ませんが、
この柄は「しょうぶ」です。

菖蒲=尚武(武道・武勇を重んじること)

と言うことで好まれたそうです。
(小学生のころ、十字架って思っていました)

2016年10月4日火曜日

武士道シックスティーン

今更なのですが武士道シックスティーンを読みました。

剣道に興味をもたせるため「漫画でもかってみるか・・・」という発想です。
(大人買い防止のため、六四三の剣るろうに剣心はヤメ)
 
漫画版は、何となくアフタヌーン版ではなくマーガレット版を選択。
漫画に続編はありませんので、
合わせて小説のシックスティーンのみ購入。

やはり続きが気になるので
 セブンティーン → エイティーン → ジェネレーション
と小説の続きを購入予定です。
(映画は予告動画見たけど微妙かな・・・)